働きながら学ぶ ― フランスの挑戦
menu

労働省 修業学習契約 (Contrat d’apprentissage)

オリジナルURL: http://travail-emploi.gouv.fr/formation-professionnelle/se-former-en-alternance/l-apprentissage-160/contrat-apprentissage

更新日: 2018/12/04

2015年09月14日公表、2018年07月11日更新

修業学習契約 (contrat d’apprentissage) は、雇用主と給与生活者との間に取り交わされる労働契約です。その目的は、国家免状 (CAP, BAC, BTS, 学士号, 修士号, …) を取得する観点から、普通教科、理論および実技、あるいは全国職業資格一覧表 (RNCP,  le répertoire national des certifications professionnelles) に登録されている最終資格を、雇用担当の関係省庁が、若者に職業資格全体の研修を受講することを認めることです。
修業学習は、修業生研修センター (CFA, centre de formation d’apprentis) での理論の学習と、修業生が契約にサインした雇用主のもとでの仕事の研修とを職場教室交替制 (alternance)で実施するという原則に基づいて行う教育です。

どのような雇用主とどのような若者のためか ?


どのような雇用主ですか ?

  • 協会も含めた民間部門のすべての企業で、もし雇用主が修業学習の学習計画に必要な手続きを宣言して受け入れるならば、修業生を採用することができます。このような資格で、雇用主は、企業の設備、用いられる技術、労働条件、衛生と安全、職業能力と修業学習指導者の教育技術、これらが満足できる研修を提供できる資質があることを保証しなければなりません。

派遣労働の企業も、修業学習契約を同じように応募できますか ? はい さらにもっと知るために
季節労働の実施のために修業学習契約に訴えることはできますか ? はい さらにもっと知るために

  • 工業と商業以外の公共部門 (そのうち3公共機能) は労働法典 (code de travail) の条項L.6227-1からL.6227-12までそしてD.6271-1からD.6272-2までで明示されている条件で、修業学習に同じように訴えることができます;さらに詳細については公務省 (ministere de la Fonction publique) のサイトで。

どのような若者ですか ?

  • 満16歳から満25歳までの若者

2016年8月8日の法令《労働、社会的対話の近代化と職業経歴での安全関連》(法律《労働》) は、30歳の年齢まで修業学習に参加することを認める試行を予定しています。2016年12月30日の第2016-1998号の決定の適用で、この試行は実際に次の州で実施されました:ブルターニュ地域、ブルゴーニュ-フランシュ-コンテ地域、サントル-バル デ ロワール地域、グロンド エスト地域、オ-ドゥ-フランス地域、ヌーベル-アキテーヌ地域、ペイ ドゥ ラ ルワール地域。この最初のリストに加えて、2017年3月20日の第2017-355号の決定で2017年3月23日から効力をもってイル-ドゥ-フランス地域とオクシタニ地域が加わりました。
この試行を実施に移すことに関しての責任の覚え書きは、2017年1月17日の政令で確定しました。


  • いくつかの公共機関では25歳を超えても修業学習に参加することができます:免状 (diplôme) あるいは取得した免状以上の上級資格を目指す修業生、障害労働者、企業を創業あるいは再興する計画をもつ個人。

障害のある若者の研修を助けるために、修業学習契約の幾つかの条項はつぎのような観点で変更できます:

  • 契約の期間と労働時間;
  •  研修の展開。

その他に、修業学習契約を取り交わす年齢制限は、労働者の障害の程度についての認定は、本人が署名している時には契約に適用されません。
さらに修正された修業学習契約について知りたい

 

 

修業学習でどのような免状を目指しますか?


修業学習で目指すことのできるのは :
中等教育の職業免状:職業能力証書 (CAP), 職業バッカロレア, 職業ブルベ、補正注記
高等教育の免状: 上級技術者ブルベ (BTS), 工科大学免状 (DUT), 職業学士, エンジニア免状、商科高等エコールなど。
職業最終タイトル:全国職業資格一覧表 (RNCP) に登録されている資格のうちの雇用に責任のある省に関する職業タイトルの全体。

契約を完了したおかげで、あるいは生徒または学生の身分で研修の進路を変更したおかげで、修業学習では中等レベルあるいは高等レベルのあらゆるレベルの職業資格にアクセスできます。

修業学習に入りたい、あるいは中学校教育に適応することが難しかった15歳未満の若者は、職場-教室交替制仕事始め制度 (Dima, dispositif d’initiation aux métiers en alternance) と呼ばれる研修に参加するように促すことができます。Dimaについてもっと知るために

 

修業学習の特性はどのようなものですか ?


契約はどのようなもので、期間はどうですか ?

修業学習契約は期限付きで取り交わすことができますが、無期限契約の枠組みで取り交わすこともできます。

  • 無期限契約 (CDI) の枠組みで取り交わしたときには、修業生がその理論と実技の研修期間に特別の保護を検討するすることもなく、継続する研修段階と等しい期間の修業学習期間で契約はスタートします。その期間が経過した後、雇用主と給与生活者との間の契約関係は、共通の権利の無期限契約 (CDI) に関する労働法典によって規定されるでしょうが、試行期間 (2014年3月5日の法律で発せられた規定)に関係する規定は除かれます。
  • 契約が期限付き期間であるときには、免状あるいは目指しているタイトルの取得ができるような研修段階の期間が適用されます。

修業学習契約が期限付きであるとき、あるいは修業学習期間で契約を取り交わしているとき、および期限無しで契約の枠組みで取り交わしているとき、修業学習契約の期限は、職種と準備している資格に応じて1年から3年で変更することができます
この期間は修業生の能力の最初のレベルを考慮して調整することができます。障害労働者の資格が修業生に認められるとき、あるいは高いレベルの運動能力が公式リストに登録されているときは最長期間を4年にすることができます。

特別の場合 :

  • 職業バッカロレアを目指すためには、契約期間あるいは修業学習の期間は3年に固定されています。例外として登録されている免状のタイトル取得者と全国職業資格総覧 (RNCP) のレベルVの資格は、目指している職業バッカロレアと専門が関連しておれば、この期間を2年に定めることができます。

高いレベルのスポーツを優遇することで、契約期間と企業で働く時間の長さに関することでは修業学習契約の制度で修正されることになるでしょう。適用できる規定は労働法典のR.6222-59からR.6222-65までの条項によって定められています。

  • 研修が免状あるいはタイトルの取得を目的としているときには、契約時間あるいは修業学習期間は同じように6カ月と1年との間で変更することができます :
    • 修業学習に先立つ枠組みでの同じレベル、最初の免状との関係で、あるいは取得できるタイトル;
    • すでに取得している免状あるいはタイトル以下のレベル ;
    • その一部は経験で得たものを有効にすることによって充てることができます; 
    • その準備は他の法令で始められました。この場合、修業生研修センターで費やされた研修の時間数は契約時間あるいは修業学習の期間は条例L.6233-8で規定されていて、修業学習の契約時間あるいは期間の割合に応じて計算されたもの(すなわち平均年間400時間)よりも下回ることはできないでしょう。

その決定は修業生研修センター (CFA) 所長の意見に従って行われますが、あるいは修業学習の部門の場合は施設の責任者、知事、農業森林の地域責任者あるいは若者・スポーツ・余暇地域責任者によって行われます。雇用主の要求がなされたときに1か月が経過しても応答がない場合には、決定は肯定的であったとみなされます。


修業生は主要な雇用の場所とは異なる他の企業で実技研修を完了することはできますか ? はい、できます。もっと知りたいときは


 

労働の時間は ?
修業生の労働時間は他の給与生活者と同等です。雇用主は修業生が職業理論のコースを就学することを認めなければなりません。この時間は実質的な労働時間に含まれ同じように報酬が得られます。

報酬はどのようですか ?
修業生は年齢に応じて変わる報酬を受けることができます ;
その他に、その報酬は契約の更新の年ごとに増額されます。修業生に認められている最低給与は最低賃金SMICあるいは21歳以上のための(就業の法定給与)SMCに相当しています。

契約実施年 18歳未満の修業生 18歳から21歳未満の修業生 21歳以上の修業生
1年目 25% 41% 53%*
2年目 37% 49% 61%*
3年目

53%

65%

78%*

*あるいは就業している雇用の法定最低賃金

法定あるいは契約上の規定で給与生活者により有利な報酬を決めることはできます。契約を継続する場合には、報酬は先回の契約での最終年の規定通りで、修業生に有利な年齢区分での変化以外は少なくとも等しいものです。
修業生の給与についてももっと知りたいために

修業学習を修了したときの就職の場合の修業生はどのような立場ですか ?
修業学習契約が期限なしの労働契約の終了、期限付き契約、あるいは同一企業に一時雇用の契約を過ぎた時、どのような仮採用期間も設けることはできません。 修業学習契約の時間数は報酬の計算と給与生活者の勤続年数が考慮されます。

職場・教室交替制はどのように計画されますか ?

修業生は修業生研修センターあるいは理論の研修期間で一般教育、理論と実技を受講し、習得した知識を実行するために私企業主あるいは公共雇用者のところで職場・教室交替制で働きます。
修業生は修業学習指導者に付き添われことが必須で、職業経験と十分な資格を示さなければなりません。
修業学習指導者についてさらに知りたい

この修業学習の指導者は企業の給与生活者あるいは自身が雇用主の身分を持っていなければなりません。2人の雇用主は、労働法典の条項L.6222-1とL.6222-2を適用してこの契約の法的責任者とともに修業学習契約を共同で約定することができます。この契約は目的に合うものとして2つの職業資格を取得することができます。
季節的活動の訓練のための修業学習契約の不服申し立てについてさらに知りたいために

労働法典条項R.6223-10とR.6223-11によって明文化されている条件で、修業生は受け入れ期間と受け入れ企業の数 (最大2社) の枠内で、雇用する企業とは異なる企業1社に受け入れられることができます。雇用主、受け入れ企業および修業生との間で結ばれている協約で、特に雇用主と受入れ企業との間での費用、報酬の負担の方式と、修業生の交通費と宿泊費の負担割合の方式と、同様に修業生の採用の優先度も予定しておかなければなりません。この場合、受入れ企業で過ごす時間は実技研修に予定されている時間の半分を超えることはできません。

修業学習で就職する場合の財政支援はどのようなものですか ?

修業生の雇用主はある程度の財政支援を受けることができます:

  • 社会的分担金の免除です。企業規模と職人の資質によって全額あるいは部分的なものです。
  • 給与所得者が11人未満の雇用主に対しては最低1,000ユーロの修業学習報奨金です。この報奨金は修業生が準備している免状を取得するまで州によって毎年支給されます。
  • 250人未満のすべての雇用主で最初の修業生あるいは補充の修業生を募集したものにたいして最低1,000ユーロの募集支援が契約に署名したときに州によって支給されます。
  • 18歳未満の若年修業生を募集している11人未満の企業にたいして小企業 (TPE) の若者修業生支援
  • 障害労働者の就職の場合の追加支援。L’Agefiphのサイトで相談してください
  • Bac+2年までの修業生の受け入れのために1,600ユーロの納税猶予。納税猶予の額は公共の幾つか、とくに障害修業生に対して2,200ユーロまで適用されます。
  • 修業学習税の財政的軽減 (大体のボーナス、研修の費用、天賦の才) -もっと知りたければここをクリック
  • 公共事業では、ケースバイケースで障害のある人を雇用する場合、職業への導入と維持を優遇する公共の雇用主に提供される技術的人的援助に障害者公共事業雇用資金FIPHFPで財政補助をします。FIPHFPのサイトに相談して下さい

修業学習契約での募集のための支援についてさらに知るために

 

修業学習契約をどのように様式化するか ?

修業学習契約は雇用主と修業生 (あるいは法的代理人) で署名された様式の調査書で約定されます。
契約では修業学習の一名あるいは複数の指導者の名前が明示され、雇用主は取得している肩書あるいは免状と募集している資質と関係する活動での職業経験の期間を確認します。

解説的な注記では修業学習契約を完成するために有益な詳細すべてを関係する雇用主に提供しています/契約に付随した説明に役立つ書類はどのようなものですか ?

修業学習契約の実施が始まる前に、あるいは遅くともそれに続く開庁5日間以内に、雇用主は完成した修業学習契約の見本を理論の研修機関の所属長の修業生が登録していることの承認を添付して、次のような相談機関の1つに提出します:

  1. 職業・職人会議所、雇用主が職業の一覧表に登録されている時、商業と組合の登録に同様に登記されたいる場合にそこに含まれます;
  2. 農業会議所、雇用主が農業会議所に登録されているとき、労働法典の条項L.722-20の7号に述べられている修業生を雇用しているとき、ただし同規則条項L.722-1の6号に述べられている常勤での2人以上の労働者を雇っていない農村地域の職人仕事の企業は除きます。
  3. 商工会議所、雇用主が1992年7月17日の法律92-675号の第2章の意味で公共部門の管轄にある者を除いたその他の場合。
    修業学習契約に登録するために地域的に権限をもっている行政組織は、契約が実施される場所の組織です。

この登録は、契約が規則によって定められたすべての条件を満たしていない場合には、15日間以内で拒否されることがあります。
権限のある行政会議所は契約の受理の15日以内の遅れでそれを登録するために受理をします。この遅れの待機期限で返答のない場合は登録の受理が決定されたとみなします。
登録の拒否は、電子メールでできなかった場合は、関係者に知らされます。その時、契約は実施を受け入れられませんし、継続することもできません。
行政会議所は契約のコピーを労働法典の条項R.6224-6に述べられている関係者、組織ならびに行政機関に届けられます。
修業学習契約が工業及び商業以外の公共分野で実施されるときは、登録の請求が転送されるべき労働の実施場所の所属長の県の担当部局に宛てられます。
決定する時に、修業学習契約の成約あるいは解約について、どのような財政的代償も修業生に請求されることはありませんし、修業学習契約の登録のときに雇用主に請求されることもありません。

修業学習契約の登録あるいはそれを実行する宣言に関する係争は、労働裁判所の法律顧問の相談に持ち込まれます。この点で、判決破棄の上級法廷によって (2008年5月28日の政令)、修業学習契約が無効 (この場合、登録の不備) であるときに、履行を受け入れることはできないし、新たな資格を与えることもできないということを通告するでしょう。しかしながら、修業生は最低賃金制 (SMIC) 基盤として、労働関係の解消を招来するような偏見に対する賠償として、契約が実施された期間に対して給与の支払いを主張することができます。

 

修業学習契約は解消できますか ?


能力認定期間
企業においての最初の45日間 (連続してあるいは不連続で) に、契約は雇用主あるいは修業生 (あるいは法定代理人によって) は、理由を告げることなしに契約を解消することができます。能力認定期間で当事者の一方が契約を一方的に解約あるいは共通の同意による協定通りの解約 (もっと知りたい) は書面によって確認されなければなりませんし、修業生研修センター (CFA) の所長に通知されなければなりません。あるいは修業学習の一部門の場合は機関の責任者、州域のDireccte (企業・競争・消費・労働・雇用の州監督署) に、あるいは修業学習契約の執行場所の相当サービス機関に、転送した契約を登録する組織にも、遅滞なく通知されなければなりません。
免状あるいは準備している工科教育の資格を取得すると給与生活者の発意で解約が行われたときには、同様の規則が適用されます。
もっと知りたい

もっと前進するために


修業学習に参加する年齢
若い修業生は少なくとも16歳に達していなければなりません。しかしながら、15歳の若者でも中等教育の第1段階の学業を修了していることが認められれば修業学習契約を結ぶことができます。
暦年の第1期 (3か月) までに15歳に達した若者は在学生の身分でつぎのような条件で研修を始めるために、職業リセ内あるいは修業生研修センター (CFA) 内で登録できます。

  1. 生徒が中等教育の第1段階の学業を修了している;
  2. 生徒は、職業リセ内か、生徒の身分での修業生研修センター内で、免状 (diplôme) あるいは全国職業資格登録一覧(RNCP)に登録されている職業過程修了の資格の交付に至る研修を始めるために登録します。研修は教育法規の条項D.331-3, D.331-4及びD.331-15と農村漁労法規R.715-1とR.715-1-5による自治体管理である職場での研修期間を含みます。

修業生は契約を結んだ日に26歳以下であることが必要です。しかしながら、修業学習に入る上限の年齢制限の適用はつぎの場合に除外されます :

  • 提案されている契約あるいは修業学習期間は、契約あるいは先立って実施された修業学習期間に引き継がれるものであり、契約あるいは先立つ期間の修了時で取得されたものよりも上級の免状のレベルに達するものである時。修業学習契約が先立つ契約の期限切れ後の最大1年間の遅れ以前に結ばれなければなりません ; 
  • 修業生の意思とは関係のない理由で契約を解約するとき (雇用主の活動の中断、雇用主の不手際あるいは責務にたいする繰り返した違反、修業生の健康あるいは倫理的身体的公明正大さにたいする侵害の場合の労働法典の条項L.6225-4に予見されている過程を実施する)、あるいは労働法典の条項R.6222-38に予見されている条件で確認される身体的かつ一時的な不具合による理由での契約の解約が起こったとき。さらになお、修業学習契約は、それに先立つ契約が無効になった後の最大限1年間の遅れ以内で応募の申し込みを受け付けなければなりません。

上記での対象としている2つの条件で、契約の終了する時点で修業生の年齢は30歳を超えてはなりません。
その他の3つの解約が予見されています:

  • 修業学習契約が障害労働者と認められた人によって結ばれるとき;そのときには上限の年齢制限は予定されていません ;
  • 修業学習契約が企業の創業あるいは再興のプロジェクトをもっていて、その実現が免状取得か受講している研修が確約するタイトルを目指して人によって応募されているとき。そのときはどのような上限の年齢制限も予定されていません。
  • 修業学習契約が、スポーツ所轄省庁によって決定されたリスト (2015年11月27日の条項L.221-2の行に述べられているリスト) に高いレベルのスポーツの資格で登録されている人 (スポーツ関連、コーチ、レフェリー、スポーツ審判) で締結されているとき。この適用除外としては2015年11月27日の法律2015-1541号の法律が出されています。どのような上限の年齢制限も予定されていません。

《職場・教室交替制での仕事始めの措置》の特別な場合
教育法規の条項L.337-3-1とD.337-172からD.337-182によって規定された条件で修業生研修センターCFAは、最長1年間で、学校に在職した状況で、教育法規の条項L.122-1-1に述べられている知識、能力、文化の共通基盤を習得することができることを前提にして、修業学習に入門するための職場・教室交替制の研修を受講することができるように、少なくとも15歳の年齢に達している生徒を受け入れることができます。

在学の身分でのこの職場・教室交替制による研修は《職場・教室交替制での仕事始めの措置》(DIMA) と呼ばれています。どのようなときにも、生徒はつぎのことができます:

  •   16歳の年齢に達していることを条件として、あるいは中等教育第1段階(訳注:中学校)の学業を修了していて、労働法典の条項L.6222-1に適合して修業学習に署名するか;
  •     あるいは中学校または高等学校での学業を再履修します。職場での研修は教育法規の条項D.337-179によって予定されている条件で組織されるでしょう。

この措置についての詳細については国民教育省の2011年1月19日の2011-009の通達を参照することができます。

職業バッカロレアに準備している修業学習契約の経過中の進路調整
職業バッカロレアに準備している修業生はその希望あるいはその雇用主の希望で、契約の最初の年の期間に職業能力証書 (CAP)、農業職業能力証書 (CAPA) あるいは農業職業ブルベ (BPA) を取得するという観点での研修に参加することができます。
CAP、CAPAあるいはBPAの専門性が、最初に目指していた職業バッカロレアの専門性と同じであるなら、契約期間あるいは修業学習の時期は1年間短縮されます。
準備する免状、契約期間あるいは対応する修業学習の時期を明確にするために修業学習契約を変更は修業生あるいは法的代理人と雇用主との間で署名されます。

上述している状況で:

  • 契約期間あるいは修業学習の時期を1年間短縮することの決定は、CFA所長の意見に従って、食料、農業及び森林の州の大学区長あるいは青年、スポーツおよび社会的絆の州の局長によって行われます;請求の提出を含めて一カ月以内に回答がない場合には受理されたと決めることができます。
  • 関連の修業生は修業学習の初年度をすでに修了していると、最低の報酬を決めるために特別に配慮されます ;
  •  修業学習契約の変更は、とくに条項R.6224-1によって労働法典にしたがって予定されている共通の権利の条件内での登録の目的となっています。

修業生を雇用している以外のその他の企業で行われる研修の補完
修業生がその研修を修了できるようにするために、特に雇用されている自企業で用いられていない設備や技術に援助を得て、その実技研修の一部を雇用されている企業以外の企業で研修を修了することができます。雇用している企業以外の企業に修業生を受け入れることは、修業学習契約で決められてる企業での研修時間の半分を超えることはできません。雇用している企業以外で受け入れる企業の数は、同じ修業学習契約の実施するコースで2企業を超えることはできません。このような状況 (三者協定、修業学習指導者、雇用主と受入れ企業のそれぞれの責任者) で適用できる措置は、特に参照できる労働法典の条項R.6223-10からR.6223-16によって決められています。
この措置が国の領域外で設けられた受入れ企業のすぐ近くで実施されるときには、この協定は省の命令で決められたモデルに沿っていることが必要です。

契約の開始あるいは修業学習期間の日付
労働法典の条例D.6222-19によって決められた条件に相当する特例以外は、企業内での修業学習の開始は修業生が登録しているCFAの課程が始まる3か月以前と始まった3か月以降でなければなりません。しかしながら例外として、16歳から25歳までの若者 (あるいは中等教育段階の最初の段階-第3級の終り-CFAあるいは修業学習部門に入学する時) は、自分の希望でまだ雇用主に雇われていないならば、CFAあるいは修業学習の部門で労働法典の条項L.6211-1に述べられている職業資格を取得することを目指している研修を受けることができます。研修課程の継続期間は最大限で1年です ; 若者は州の助言で決められている保険医協定に加入している定員の範囲内で受け入れられます。
若者は職業研修の研修生の地位の特典があります。その社会的保護は国家で財政支援されます。CFAまたは修業学習部門はASPの州の支局に若者一人一人が受け入れられるために要請し、修業生が雇用主を見付けたら直ちに通知しなければなりません。

企業で研修に確保されている期間は、CFAあるいは修業学習部門は企業で職業初体験の研修を目指して組織されます。同じ企業は年間一度以上の研修している若者を受け入れることはできません。しかしながら研修機関は学期の制限内で、CFAあるいは修業学習分野に研修が継続している期間に、若者が一人あるいは他人数が戻ってくることを予見することができます。職業初体験の研修毎に、若者がもし未成年だとすると法的代理人と、修業生研修センターと若者を受け入れる企業の代表者との間で協定が署名されます。この協定で、職場での研修の時期に関係する教育規則の条項D.331-15 (あるいはこの規則に属する活動に対して農村と漁労の規則R.715-1-5) の措置によって実施される研修の始まりと終わりの日付が決まります。この協定は、研修の目的、プログラムならびに学習計画の様式を明確にします。企業に所属し必要な職業資格を有する指導者は企業の代表によって指名されます。
この協定の受益者は修業学習契約をいつでも締結することができます。この場合、契約期間あるいは修業学習の時期は研修課程の始まり以降に経過した月数だけ短縮されます。

上述した措置は、自分たちを受け入れてくれる企業を探し続けているCFAでの研修を継続することを認めてくれる雇用主を見つけるために、数多くの若者が当面する困難に応えることを目指しています。


修業学習指導者に誰がなりうるのか ?
それは雇用主かも知れないし、企業のボランティアの給与生活者の一人かも知れません。どのような場合でも組合のボランティアが修業学習の指導者になることはありません。
CFAとつながりながら、準備しているタイトルあるいは免状を取得するのに必要な能力を修業生が習得するのに貢献することが使命です。雇用主は、指名した修業学習の指導書に関してのあらゆる変更について、修業学習契約の登録を担当している機関に通知しなければなりません。

修業生あるいは修業学習の準備クラスの生徒の最大限の人数は、企業にも機関にも同時に受け入れることのできるものとして、修業学習の各指導者について2名に決められています。使用者の企業にこの措置を適用するために (派遣労働の枠組みで、上述の明細を参照して)、派遣労働の企業によって配属された修業生は、修業学習の指導者による修業生に対しての上限人数に数えられます。同じようにこの枠組みで、個人指導の機能は、派遣労働の企業で修業学習指導者によって、そして使用者の企業での修業学習指導者によって、労働法典の条項R.622-5とR.6226-6の規定に従って、確保されます。

個人指導の機能は数多くの給与生活者で分担することができますが、個人指導チームが形成され、そこではチームの協調とCFAの関連を確保する《関連の修業学習指導者》がその中で指定されます。

修業学習指導者に必要な職業的能力はつぎの条件を満すとみなされています :

  1. 修業生によって目指されている免状あるいはタイトルの最終目標と少なくとも同等のレベルに相当する職業的領域に関連した免状あるいはタイトルを所持している人で、目指している免状あるいはタイトルで目標としている資格との関連で職業活動の2年間の実務を証明できる人。
  2. 雇用と導入の県委員会に決められる資格に最低限のレベルと目指しているタイトルとの関連で職業的活動を3年間の実務を保証できる人
  3. 大学区長、食料品・農業・森林の州局長あるいは青少年・スポーツ・社会的絆の州局長の意見に従って、修業生が準備している免状あるいはタイトルを取得して3年間の職業経験をもっている人

労働法典の条項L.6314-1で定められている資格付与の初期あるいは継続の研修の枠組みで行われる職場での実習と研修期間は要求されている経験期間の控除には算入されません。

労働法典の条項L.6223-1で予定されている修業学習の学習計画に関連している雇用主の申し立ては特に次のことを正確に述べなければなりません :

  • 修業生によって準備される免状とタイトル ;
  • 修業学習指導者の苗字と名前 ;
  • 有資格者の最高のタイトルと免状と、修業生が目指している資格と関係した活動での職業経験の期間

雇用主は、修業学習指導者が修業生の付添いとCFAとの関係で必要になってくる柔軟さを労働時間内で自由に采配できるようにしなければなりません; 同様に修業学習指導者は自分の職務を正確に遂行することと、修業生に与える研修の内容の展開とそれを有効にする免状 (diplôme) を目指すことができるような研修ができるように配慮する必要があります;企業あるいは職種の団体の集団的合意で、この研修を実施し責任の在り方を定義できます。

修業学習契約に関連する証明に役立つ書類一覧
2012年7月6日の政令で修業学習に関連した書類の一覧が定められています。これらの証明に役立つ書類は、登録あるいは視察サービスの要請に基づいて雇用主によって作成されなければなりませんが、つぎのようなものです:

  • 修業生によって目指されている資格との関連で修業学習指導者によって保持されているタイトルあるいは免状;
  • 修業学習指導者の職業経験を証明するもの ;
  • 修業学習指導者が必要なタイトルあるいは免状をもっていないとき、大学区長、食品業・農業・森林業州局長あるいは若者・スポーツ・社会的絆州局長の好意的な意見 ;
  • 大学区長、食品業・農業・森林業州局長あるいは若者・スポーツ・社会的絆州局長でとられる契約期間の短縮あるいは延長についての決定 ;
  • 大学区長、食品業・農業・森林業の州局長のあるいは若者、スポーツおよび社会的絆の州局長でとられる法的期間の他に修業学習の開始を決定する ;
  • 親戚との絆を受け継いでいることを明示して雇用されている未成年修業生の利益になるように銀行口座を開設していることの証明書類;
  • 修業生による機械の使用あるいは危険な仕事での配属で認められる適用除外の申請書のコピー、あるいはすでに交付されているときの適用除外;

修業生の労働条件
修業生は全体的にみて給与生活者です。この立場で、職業分野あるいは企業の法律、規則ならびに集団協定は他の給与生活者と同じ条件で修業生に適用できます。

修業生は労働規約の条項R.4624-10からR.4624-27までに予想されている情報と予防対策の検討あるいは条項R.4624-22からR.4624-27までに予想されているその就職後の2か月以内でのもっと遅い時期での就職の医学的検査の恩恵を受けます。

18歳以上の修業生は企業で適用される規則のもとに置かれます。もし18歳未満の年制であれば、つぎの要件で働くことはできません:

  • 1日8時間以上 (例外的な名目で、労働医師と合意した意見のもとに労働監督官によって週に5時間の限度で適用除外に合意できます) ;
  • 継続して4時間30分以上 (そのような意味で修業生は継続して30分以上の休止の恩恵を受けることができます) ;
  • 労働の法的な継続時間以上 (上記のような明確な条件での労働監督官の適用除外)。その他に継続しての2日間の休息が修業生に認められています。

労働法典の条項D. 4153-15からD. 4153-17までで (職業化契約と、修業学習に参加している若者など) 15歳未満の年齢の若い労働者に禁じられている仕事と18歳以下の若者適用除外の疑いのある禁止労働を定義しています。それが可能な場合は、適用除外は労働法典の条項R.4153-38からR.4153-52までに決められている条件で実施されます。

修業生は免状、あるいは修業学習契約によって予定されているタイトルの試験に出席することが義務付けられています。この試験に直接準備するためには、研修機関が復習の週の補講を組織しているときを除いて、就業日5日間の追加休業の権利があります; このCFAの創設に盛られている協定がその学習計画でそれを見越してときは、そのCFAで特別に提供される教育を受けなければなりません (もしそうでなければ、同じように就業日5日間の休暇をとる権利があります)。
上記の目的の休暇は給与を維持する権利があります。それは試験に先立つ月に支給されます;有給休暇、労働法典の条項L.3164-9に規定されている21歳以下の給与生活者のための年間休暇に加えられます。そして契約で定められた修業生研修センターでの研修期間にも加えられます。

修業生を危険にさらす
健康に、あるいは修業生の身体的倫理的な統合に深刻に影響するような危険な場合、労働監督官あるいは同様な管理の役人は企業・競争・消費・労働・雇用州局長(Direccte)に修業学習契約の中断を提案します。この中断では修業生の報酬を雇用主によって継続することを伴います。管理職員の報告書を考慮して15日以内の遅れでDireccteは修業学習契約の実施の再開について意見を表明します。
修業学習契約の実施を再開することを拒むことは、その当事者に拒否を通告する日にこの契約の破棄することになります。この場合、雇用主はもし契約がその期間終了まで有効であるとしたときの債務の金額を修業生に支払います。

修業学習契約が派遣労働の企業と締結されていると、その中断あるいは破棄は上述されている措置を適用して修業生の使命の契約の中断あるいは破棄をもたらします。

そうするとCFAは修業生が研修を継続して新しい雇用主を見付けるために必要な措置をとることになります。
契約実行の再開を認めることを拒否する場合には、企業・競争・消費・労働・雇用州局長 (Direccte) は修業生あるいは職場・教室交替研修の契約にある若者を募集することを企業主に一定の期間で許可しないことができます。
この禁止措置は、もし雇用主が若者の健康と倫理的身体的統合に障害を与える危険をすべて取り除く適切な措置がなされるならば解除されます。

修業生の給与
契約上あるいは協定上でより望ましい措置の担保のもとに、修業生はSMIC (最低賃金) のパーセントで決まる給与を受けますが、その金額は受益者の年齢と修業学習の目的となっている研修の1回あるいは数回の課程での進歩の度合いによって変わります。

研修課程中の給与の増額
研修課程中での進歩の名目で、若い修業生は契約実行の年数に応じた報酬を受けることができます。報酬の水準を他の水準に移行させることは、契約実行の毎年の後で行われるでしょう。
修業生によって受領される最低給与は年齢と研修課程中での進歩に応じて決められるSMIC (最低給与) のパーセントで対応されます。企業内で適用できる集団合意によって、もっと高い最低報酬に決めることができます。このことは同様に修業生の労働契約内で予定されている条項に帰することができます。

修業生が18歳あるいは21歳に達したときには、報酬の率は若者の誕生日に続く月の初日に変わります。したがって、例えば、若い修業生が修業学習の初年度に5月18日に18歳に達したならば、その報酬は6月1日を含めてSMICの25%から41%に移ります。

残業時間に対する加算は修業生にも適用されます。しかしながら18歳以下の修業生は労働医 (唯一私部門) の同意をえた意見に従って労働監督官の許可がなければ残業時間を実行することはできません。


研修課程時での昇給 : 数多くの修業学習契約を継続して契約する若者に適用できる報酬
研修課程時での昇給の名目で、研修生は自分の以前の契約の枠内で請求できる報酬と少なくとも同額の報酬を受けることができます。
従って、修業生が新しい修業学習契約を結ぶときには、次のような規則が適用されます (さらに正確には参照資料として2007年1月24日の通達に報告されています) :

  • この新しい修業学習契約が同一雇用主あるいは異なる雇用主と結ばれるとき、修業生の報酬は、その年齢 (上記の表を参照) で決まる報酬を適用するときを除いて、先行する契約の実施の最後の年の規則に則って受けていたものと少なくとも同額です。契約上あるいは協定上、さらに部門 (私的/公的) で起こりうる優遇策は、新しい雇用主が同じ部門あるいは同じ業種に属していないならば、この雇用主によって採られることはありません。

修業生の給与は収入の課税対象になりますか?
課税一般規則 (CGI) の条項81の2を適用して、労働法典によって定められている条件に対応した契約を結んでいる修業生に支給される給与は、SMICの年額に等しい限度内で収入に対する課税は免除されます。この免除に対する基準のSMICの年額は、課税基準年の1月1日でのSMICの時間給の額に1820時間 (35時間×52) を掛けると得られます。
もっと正確には財務省の公式資料を参照することができます

修業学習契約の解約
能力認定期間での当事者の一方による契約の一方的な解約あるいは共通合意 (上記参照) の協定通りの解約は、書面によって確認され、修業生研修センターの所長に通知されるか、あるいは同様に修業学習部門の場合、機関の責任で、契約を登録した組織はDireccteにあるいは修業学習契約の実施場所に相当するサービス担当者に遅滞なく転送します。
免状あるいは準備していた工科教育のタイトルの取得に続いて、給与生活者の発意で行われた場合には、解約には同じ規則が適用されます。

能力認定期間後の契約の解消
能力認定期間が過ぎて、限られた期間での契約の解消あるいは限定期間に対して結ばれている契約の修業学習期間の間、つぎの状況でのみ干渉できます:

  • 免状あるいは準備していたタイトルの取得の場合、修業生の主導によってのみ修業学習契約の可能な解消。修業生は少なくとも2か月前に書面で雇用主に報告しなければなりません、
  • 両者の合意。修業学習契約の解約が当事者の合意で行われる場合、それは雇用主、修業生、もし未成年であれば法的代理人によって署名された書面によって確認されなければなりません;
  • 重大な違反あるいは義務に対して両者の一方に繰り返しの怠慢の場合、労働裁判所法律顧問の判断(この場合、労働裁判所の法律顧問は仮処分の形式で裁定する) ;
  • 修業生が選んだ仕事を遂行するのに能力不足 (この場合、労働裁判所の法律顧問は仮処分の形式で裁定する)

活動の継続がなくて法律的に清算する場合、あるいは商法典の条項L.641-10の最後の行を適用する活動を継続することを終了する時、ならびに修業学習契約に終止符を打つとき、その清算者は契約の解消を修業生に通知します。この解約は修業生に契約期間終了までに受領する報酬の少なくとも同等の金額の損害と利息の権利を開くものです。

労働法典の条項L.1221-19 (無期限労働の契約の試行期間) とL.1242-10 (確定期間の労働契約の試行期間) は修業学習契約の解約の後で、研修を完遂するために新しい契約が修業生と新しい雇用主との間で結ばれます。

商事裁判会議所 (商工会議所、職業・職人会議所、農業会議所) の管轄に属する企業で、これらの商事裁判会議所によってこの役割に選ばれた調停者は、修業学習契約の実行あるいは解約に関して雇用主と修業生あるいはその家族との間での係争を解決するために当事者によって懇願することができます。
職業研修の研修生の身分は、最長3カ月間で、CFAでの研修を受けている若者に対して、この解約の原因にならないで修業学習契約が解約された後で、合意することができます。

修業学習を管理する
修業学習はつぎの当事者の二重の管理のもとにおかれます:

  • 修業学習の監督、研修の円滑な進行とその教育的展開を経過観察する責任があります。若者とスポーツ分野での修業学習の監督は若者とスポーツの視察官によって確保され、その担当大臣によって効果が担保されます;
  • 労働の監督は規則の適用に委ねています。
    雇用主がその義務を理解していないときは、進行中の契約の継続と修業生に専念することを継続することの可能性は、行政的に有能な当局で再検討されます。

派遣労働の企業による修業学習契約の不服申し立て
労働法典の条項L.1251-45に述べられている派遣労働の企業も修業学習契約を結ぶことができます。この契約では、派遣労働の使命の枠組みで企業当事者に、そしてCFAあるいは修業学習部門当事者に提供される職業研修を修業生に保証しています。修業学習契約、使用者である企業内で修業生の意向に沿った契約、任務の契約、記載しておくべき特別の注意事項は、労働法典の条項R.6226-1からR.6226-3までで規定されています。
派遣労働の企業は修業生の任務の契約を結論としてCFA所長に、あるいは修業学習部門の場合、施設の責任者に委ねられます。使用者の企業内で任命された修業学習指導者に関するあらゆる変更は通知されます。

修業学習の枠のなかで実施される派遣労働のそれぞれの任務の最短の期間は6カ月です。CFAあるいは修業学習部門で提供される教育に割かれる時間は、この期間内で検討されます。

上述したような状況で、教授指導の機能は派遣労働の企業内での修業学習指導者、ならびに使用者である企業内の修業学習指導者によって確保されます。適用できる措置は労働法典の条項R.6226-5とR.6226-6に述べられています。


季節的活動の訓練にたいする修業学習契約の不服申し立て
労働法典の条項L.1242-2の3号の意味での季節的活動の訓練にたいして、二人の雇用主は、上述されている年齢条件を満たしているこの契約に資格のあるすべての人と、修業学習契約を共同で結ぶことができます。労働法典の条項L.6211-1の適用除外によって、この契約は全国職業資格一覧に登録されている職業的目的の名目で、免状あるいはタイトルによって裏付けられる2つの職業的資格を取得することを目的とすることができます。
この措置の適用で締結される修業学習契約の名目とする修業生は、同じ授業課程で2つの職業能力証書 (CAP) あるいは2つの専門の職業バッカロレアに登録することができます (この措置は2012年の授業課程で考慮することが有効になりました)。
上述した状況で、二人の雇用主と一人の修業生で署名された三者協定が修業学習契約に付則として設けられました。それは次のように決められています :

  1. 修業生の配属は予め決められたカレンダーによって、契約の課程と同じく各企業で実施される時間数でも二つの企業への就業;
  2. お互いの相談相手の関係の条件で二つの企業への就業;
  3. 修業生研修センター (CFA) と修業学習部門で提供されている研修に修業生が割いた各期間の名目による報酬を支払うことになっている雇用主の指示。
    修業学習の最初の2か月間当事者 (修業生あるいは雇用主) の一方あるいは他方にとって契約を破棄する可能性、修業生あるいは二人の雇用主の一人の主導で、この雇用主の元での有効労働の最初の期間の初日を数えての2か月の間での可能性が適用されます。
    修業生はそれぞれの企業で修業学習指導者 (以下を参照) の恩恵を受けます。

契約は労働法典の条項L.6222-18で規定されている条件で、二人の雇用主あるいはそのうちの一人の主導で、その人たちの損害を覚悟で破棄にともなう財政的結果に責任をとって破棄することができます。