働きながら学ぶ ― フランスの挑戦
menu

誰が職場体験の指導者になることができますか?

オリジナルURL: https://www.lapprenti.com/html/cfa/quiformateur.asp

更新日: 2018/05/16

もしあなたが職人仕事をもっていて、専門教育に自分を再志望したいと願っているなら、あなたはCFAでの指導者になることができます。

職業リセで

職業リセで教えるためには採用試験を受験できる資格CAPLP (職業教育教授能力証書) の有資格者になる必要があります。

CAP, BEPあるいは職業Bacの生徒を教えることがでます。

教育は一般教育 (数学、科学、歴史….)、あるいは職業専門分野 (販売、金属加工….) の2つの専門分野から成り立っています。一般教育のCAPLPの採用試験に応募するためには修士号の称号をもつか高等教育の5年の学修を証明する称号が必要です。

専門職分野でのCAPLPの採用試験に応募するためにはBac+2のレベルの称号あるいは免状をもつことを証明し、専門職の実技あるいはこの実技での教育の5年を超えていることが必要です。

CFAで 

CFAに入学するには採用試験は必要ありません。
募集は養成センター独自で行われます。

しかしながら不可欠な前提があります。

CFAで教えたいと望んでいるのと少なくとも同等の免状をもっていなければなりません。(例えば、CAPでの修業生に教えるためにはすくなくともCAP をもっている必要があります)。

長年の経験を証明する必要がありますし、個人あるいは修業生を指導していなければなりません。

規則:

労働協約の条項R.6233-13では修業学習での指導者の募集について規定しています。

CFA内で教育すべく要請されている人はつぎのことを証明しなければなりません。

  1. 一般教育の役割を果たすため、専門職の免状あるいは同じ性質で同じレベルの称号を準備して、教育公共施設内での教育職に志願している志望者に要求されている資格のレベルで、関連する省庁によって決められている条件に適合することです。
  2. 技術的理論的教育と実技教育の役割を果たすために
  • a) 教育の公共施設で採用されることを志願する者に要求されている資格のレベルで
  • b)あるいは免状、あるいは与えられている専門職教育と、過去最低10年のコースで教育された専門で最低2年の専門的経験とで準備しているのと同じレベルの称号

2010年度を予測しての採用の場合、CFAあるいはSAで教育するために特別の条件が要求されている。

2010年度を考慮して実施されるすべての募集は、労働協約の他に2010年5月11日の内閣の通達とその付則の規定を尊重するべきである。