働きながら学ぶ ― フランスの挑戦
menu

修業学習税とは何か

オリジナルURL: https://www.lapprenti.com/html/entreprise/taxe.asp

更新日: 2018/05/28

修業学習税は科学技術教育、専門職教育、修業学習の発展に必要な支出を賄うことができるように企業によって納付される税金です。

修業学習税は科学技術学と専門職の最初の養成の発展に財政支援することを目的としています。

原則的には従業員を雇用し、商業、工業、職人活動をしている企業に依存しています。

その金額は雇用主によって支給される給与をベースとして計算されます。

2005年に創設された修業学習振興基金 (CDA) は修業学習税と同じベースに基づいて維持されています。

修業学習と専門職養成の州の基盤を充実させることに振り向けられます。修業学習税を納税している企業によって維持されます。

修業学習税の比率はどのようなものか?

修業学習税の共通の課金率は0.5%です。

比率は250人以上の従業者で、職業化契約あるいは修業学習契約の下で26歳未満の若者の年間平均数が、ある限度を超えない企業に対しては0.6%です (CGIの225 条)。

比率は課税対象となる税金が支払われる施設の地理的場所によって異なっています。

バ=リン県、オ=リン県及びモーゼル県では比率は0.26%です。

注:まったく修業学習税に従いながらも修業生に依存している雇用主は誰でも、これらの修業生に支払われる給与の一部にかかる税金で最低賃金の11% (海外県では20%) に相当する税金の免除の恩恵を受けています。

修業学習振興基金 (CDA)

財政法2005では新しい修業学習振興基金が制定され、修業学習と専門職養成の州基金に委託されます。

この基金は修業学習税の納付義務のある個人あるいは企業に依存しています。修業学習税の課税対象として考えられている給与に基づいています。

修業学習振興基金の率は0.18%です。

全国修業学習振興近代化基金FNDMAとは

FNDMAは、修業学習振興を目指している州と一緒に目標と方法の契約の財政と修業生養成センターとの州間均等化調整策を確保することを使命としています。

この新しいFNDMAは、国庫での修業学習税の徴収組織によって繰り越されて、修業学習および生涯専門職養成の州基金に向けられるものです。

このFNDMAは、税金総額の22%を占める割当額の一部で賄われています。

配分額とは何か?

修業学習の配分額とは、銀行や保険会社の部門を再興して、企業内研修所や専門職養成センターの財政を賄うためのものです。

この配分額は修業学習税の総額の30%を占めている。それは次のように配分されます。

2007年に1名の修業生を受け入れた企業は、2007年12月31日に企業内の若い修業生の養成に責任のあるCFAに、義務的に修業生一人当たり1500ユーロ (約20万円) の見積もり額の金額を支払わなければならなりませんが、可処分率の高さには制限があります。

2007年に修業生を受け入れていない企業は、自分が選んだ修業学習センターCFAに対して30%の配分額については免除されます。

修業学習税で可能な免除には何があるか?

義務研修は、工学教育の免状取得のために準備するという観点から専門の場所で行われ、割当額外という名目で修業学習税の一部の免除を受ける権利が生まれます。養成のレベルに応じて、日々の契約金は毎年決められます。

2007年の実施にあたっては、この契約金は修正されて次のように決められています。

  • カテゴリーA:CAP, BEP, 職業Bacのレベルでの免許状を目指す場合の研修では1日19ユーロ (約2,500円)
  • カテゴリーB:BTS、学士号の免状を目指した研修では1日31ユーロ (約4,000円)
  • カテゴリーC:工学者免状あるいはBac+5を目指している研修に対しては1日40ユーロ (約5,200円)

しかしながら全体の免除額は全納付額の4%を超えることはできません。

修業学習税と修業学習振興基金はどのように免除されるのか?

企業は修業学習税の集金-税査定官の機関を介して支払いを実施することができます。

収入の利益に算入するための書類はどのようなものですか?

2008年1月1日から、企業は収入の利益に修業学習税を免除することを委託することはできません。記入用紙CERFA (行政書式登録修正センター) 2482号は廃止されています。

企業は年間給与申告 (DADS) に修業学習税の納税義務があるならば、それを記載しなければなりません。このために補足項目が設けられています。

商務会議所は企業に債務弁済の受領書を発行します。

アルザス・モーゼル県と海外県での修業学習税はどのように計算されますか?

アルザス・モーゼル県の修業学習税

課税基礎
考慮すべき給与はオ=リン県、バ=リン県とモーゼル県に置かれている機関で支払われる給与です。

比率
これら3県での税総額が減額される率は、関係する機関での総給与の0.26%に固定されていて、修業学習の配分を他と区別して表しています。

海外県での修業学習税

課税基礎
考慮されている給与は海外県 (グアドループ、ギヤンヌ、マルティニーク、レユニオン) に設置されている機関で支払われる給与です。

比率
0.50%の率はフランス首都圏での率と同じです。
割合は総税額の52%であり、公共財源に義務的に課せられる支払いはFNDMAの名目で総税額の12%を占めています

連絡と有用な書式は修業学習税について
www.impots.gouv.fr