働きながら学ぶ ― フランスの挑戦
menu

修業学習: 企業にとってどのような意味があるか?

オリジナルURL: https://www.lapprenti.com/html/entreprise/engagement.asp

更新日: 2018/05/16

修業生に対しての誓約事項

  • 契約で目指している免状の目的と直接関係している使命を修業生に任せます
  • 満足すべき労働条件、衛生の良い条件と安全を提供します
  • 修業生の養成の組織内で熱中し、修業学習教師によって養成を統率させます
  • センターによって提供される養成を、修業生が受講するように専念します
  • 養成センターでの養成と企業によって確保される実務養成とを統合するために提供される活動に参加させます
  • 修業生を修業生養成センターに登録させます (CFA)

修業学習教師の役割

  • 企業の只中で修業生を位置付ける責任を引き受けます
  • 職人の腕前と企業の文化を伝達します
  • 修業生が目指している資格と準備している称号あるいは免状に相当する能力を企業内で習得することに貢献します

修業学習の教師になるための条件

  • 修業生が働こうとしている企業に在籍していること

その経験

  • 修業生が準備している免状によって目指している資格に関係した専門職に5年の経験を証明すること

その免状

  • 同等の免状の資格をもち3年の経験を証明すること

修業学習教師は修業生に任せて見守ることができるのは一人ですが、企業主であるときは二人です。
例外として優秀な修業生の数は許可された上限まで受け入れることに合意されています。
[修業学習教師の使命を見て下さい]