働きながら学ぶ ― フランスの挑戦
menu

あらゆる年齢の修業生

オリジナルURL: https://www.lapprenti.com/articles/article_auto.asp?news_id=1351&one=1

更新日: 2018/05/28

MEDEFの社長は26歳以上の人についても修業学習に好意的です。年寄りを怖れないように!

「修業学習に入門するの年齢上限の制限を廃止する」、これは労働大臣ミュリエル・ペニコー氏に宛てられた修業学習改革の報告のNo.19の提案です。

限界を上げる

修業学習は今日まで16歳から26歳までの若者だけに開かれていて、例外は障害の状況にある人で年齢制限はありません。

16歳以下の修業学習はありません

経済社会環境協議会の労働雇用部部長シルビー・ブリューネは、「16歳以下の修業学習への入門の下限を下回ることのない機会について相対的な合意が生まれた」と記録する議論を盛り上げるためにミュリエル・ペニコー氏によって任命されました。

壮年期にしばしば起こる喪失感と最も若い市民の企業での生き方の状況に首尾一貫しているものです。その状況は「職場体験の期間での事前にもっと強いられる準備の提案」を正当化するものです。

しかし協議体制のメンバーは人によっては「修業学習契約は職場体験での調整のうまい能力養成の需要と、とくに専門職の再生の枠組みでの需要で、あらゆる年齢層に応えることができる」ことを主張するものもいます。

職業化、修業学習、両者のせめぎあいも

資格を取得する養成を求めている人のために職業化契約を維持することと並行して、シルビー・ブリュウネの目には「修業学習に入門する年齢の上限を廃止し、免状を目指して、あるいは生涯にわたって専門職の肩書を目指して準備する養成のこの様式を利用する最適の機会」のように映っていると思われます。

ミュリエル・ペニコー労働大臣が、さしあたり心に留めてはいない提案ですが、「詳細に見てみます」と確約しています。

早かれ遅かれ、労働総同盟と社会党系労働団体はそれに反対します。ジャン・クロード・メイリ (労働団体) は「25歳以上で年齢に制限を設けずに修業学習を開放するという提案に反対する。それは職業化契約とCDIでの雇用に競合するものだ」と述べています。